FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法使いの夜感想

というわけで魔法使いの夜の感想です。
まさか前の記事のあと職場に呼ばれるとは夢にも思ってなかった……ort

個人的に長いこと待ったかいがあり大満足な内容でした(* ̄∇ ̄*)

以下ネタバレありです。
魔法使いの夜 初回版 (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付)魔法使いの夜 初回版 (Amazon.co.jpオリジナル特典ポストカード付)
(2012/04/12)
Windows

商品詳細を見る


 ―――坂の上のお屋敷には、二人の魔女が住んでいる―――

 1980年後半。華やかさと活力に満ちた時代の黄昏時。
 都会に下りてきた少年は、現代に生きる二人の魔女とすれ違う。

 少年はごく自然に暮らしてきて、
 彼女は凛々しく胸を張って、
 少女は眠るように隠れ住んで。

 三者三様の星の巡り。
 交わることなんてもってのほか。
 何もかも違う三人の共同生活が始まるのは、あと、もうちょっと先の話―――


ストーリー全体の構成としては草十郎が青子と有珠が外部の魔術師と戦闘を目撃して二人から命を狙われる前半。
橙子との戦いになる後半。型月の作品に共通する二部構成になっています。
それらがメインストーリですが合間合間を補うサブストーリーも十二分に量も質も充実していました。
クリア後の後日談においては普通に長い。なにしろ
無題
こんな注意書きが出るくらい;

キャラそれぞの感想は後にしてプレイした感じではFateよりも立ち絵の種類が多く切り替わりもなめらかで、それこそアニメーションのようで見ていて違和感なく見ていけました。
グラフィックも綺麗でカットも多く、魔術、特に有珠のプロイの演出は鳥肌もの。
好きなシーンで言えば
arisu2.png
aoko.png
arisu.png
こんな感じ、これだけ見ると有珠さんマジ悪役!でも可愛いwww!

主人公が純朴少年なので「あぁ、こいつは日常パートの象徴なんだぁ」とか思っていたら最後の最後で持っていかれました。あまりにもネタバレなので詳しいことは書きませんが、
soujyuurou.png
この一枚だけは載せたい!!
両腕骨折仁王立ちとかどこの特撮ヒーローだよっていうぐらい脳汁あふれる展開でした!!

・キャラ感想

『蒼崎 青子』
この物語の主人公(ヒーロー)。最新の魔法使い。最初から最後までクライマックス。
でもちゃんと所々で女の子してる。
きのこさん曰く後の鮮花、秋葉、凛もアーキタイプ。でも胸は二割増で大変性欲を持て余すらしいw
そういえばツイッターでこのネタを「アーキタイプというのはいうなれば現役だろう?だからみんな薄くなったんだよ。」というツイートを見てすごい吹いた

『久遠寺 有珠』
俺的正ヒロイン。この人も最初から最後までクールビューティー何だけどちょくちょくでる天然なところが可愛くて仕方ない。マスコットのビジュアルのアドバイスで角をつければいいと真面目に言ってるところとか超カワイイ。ペンギンは卑怯。
卑怯といえば印象だけで言うんだけど、多分魔術師という括りじゃあ型月シリーズで一番すごいんじゃないかと思ったんだけどどうだろう?まぁ、結局ほかのとんでもないのが多過ぎるから一番にはなれなさそうだが

『静希 草十郎』
癒し系マスコット兼裏ボスw
でもヒロインさんたちはみんなイライラして不当な暴力を受ける、型月主人公体質の元祖。
青子との掛け合いも面白いけど、有珠と二人の天然コンビはなんだか超にやにやする。
でも最終局面では壮絶だった。

『蒼崎 橙子』
今回超悪人すぎるw
所々でほかの作品の設定とつながるのがやっぱり型月のシリーズの楽しさの一つだと思ってます。
自分の人形はこうつながるのかと関心した

『ベオ』
女の子扱いなのか男の子扱いなのかによって見方がだいぶ変わる子。
アルクとかギル様とかトンデモ系の原型なのかな?

『槻司 鳶丸』
殿下。嫌味のないfateのシンジ。家柄のいい月姫の有彦。

『木乃実 芳助』
バカ、愛すべきバカ。

『久万梨 金鹿』
隠しヒロイン恋する女の子。この子の追加ルートはいつでますか!?
本編でも可愛いなーとは思っていたけど番外編のラストの衣装に心ときめかされた。

『メイ・リデル・アーシェロット』
バカ、超愛すべき馬鹿な子。
番外編にいきなり出てきた女の子。アイドルで魔術師でバカでスタイル良くて躁鬱でツンデレな過剰スペックな女の子。
いやほんとに番外編でいきなり出てきて「誰?」と実は本編で飛ばしたところがあるんじゃないかと自分を疑ったぐらい。
なんでも番外編と本編の間の話に登場したらしいけど残念ながらそのへんは未収録。


とこんな感じで隅々まで楽しめる内容でした。
月姫やFateのように本編では選択肢はないのでゲームというより本当にガッツリとビジュアルノベルでした。
ホロウのようなファンディスクに期待したいです。


そうそう、今回は全年齢なんだけど数少ないサービスカットがこちら
aoko2.png
うむ。大変性欲を持て余すな(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒカワ・カイト

Author:ヒカワ・カイト
なんでもない日記から漫画や小説の感想を載せています。
時たま二次制作も書いたりもしていますw( ̄▽ ̄)

無料カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
.
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。