FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄雷のガクトゥーン小話


続けて1000字ほどの小話、今度はガクトゥーン。
これは本当に小ネタも小ネタ、ほとんどメモ状態そのまま。
まぁ、リハビリがてらということで。

っていうかオーギュス可愛いよ!



ではお暇な方は続きからどうぞー




・片付かない人


 「マスター!また本を積み重ねて!」
 「む?」
 「もぅ、読み終わったら棚に戻してくださいって言ってるじゃないですか!」
 「ん。」
 「聞いてますか?聞いて。聞け。」

 口調を強めても、彼は動かない。そもそもこれは散々今まで言っている事なのだ。今更、というのですら今更である。

 「もー、あんまり言うこと聞いてくれないと御飯抜きにしますよ?」

 勢いで言った言葉。全然そんなつもりはないし、そんなことで彼が動くとは思えない。
 思ってなかったのに。

 「それは困るな。」
 「へ?」
 「どれ、たまには私に任せてみろ。どうにもお前は私が出来ない人間だと思っているような節があるからな。」
 「え?へ?へ?」
 「その間にお前は買い物でもしてこい。そうすれば時間の節約だ。」

 そうして追い出されて一時間後。帰って居間のドアを開けて見えた光景。

 「あの、マスター……?」
 「どうしたネオン?」
 「あたし、マスターが片付けをするからって外に出たはずなんですけど……?」
 「あぁ、間違ってないな。」
 「じゃあ、そこに積んである本はなんなんですか?」

 出かける前と変わらず、ううん、むしろ増えてる本を指さす。
 そんな指摘にマスターはまるで表情を変えずに答えた。

 「片付けたぞ。」
 「いや、だからそれ、そこに。」
 「これは今読み始めたものだ。」
 「…………。」
 「どうした、なぜ睨む?」

 事もなさげに、実になんでもなく答える彼。
 うん、予想してたわかってた知ってた。彼、こういう人だって。





・片付けない人

 二日間。
 今回ダグラスが事件を解決するのにかかった時間である。
 今回の事件も学園都市らしくいつも通りおかしく面倒な事件であったが、時間的にはむしろ手早く片付いたぐらいだ。そしてその二日間とは拠点を離れていた時間も意味する。

 「二日でこれか。」

 ため息をつく。つくしかない。
 端的にというか、どう表現しようとも同じことだった。すなわち“散らかり放題”。

 「んー……あーおかえり。思ったよりあんな小物仕留めるのに時間かかったね。」

 のそりとめんどくさそうにソファーから起き上がる散らかした張本人。これで散らかっているのが事件の資料で、彼女がねる間も惜しんで調査していたのならいいのだが、このものぐさがそんな地道で献身的な努力をするわけがない。散らかっているのもほとんどがジャンクフードの包の類ばかりだ。なぜこれで自身の身なりは清潔に保っていられるのだろうか不思議でならない。

 「お前……少しは片付けたらどうだ?」
 「んー、やっぱり君は莫迦だなぁ……。」
 「あ?」
 「君はさぁー、僕の助手だろう?」
 「………………まぁそうだな。」

 少し間が空いたのは、未だにそう言われることに納得していないからにほかならない。

 「あの思弁的探偵部の助手君を見てみろよ。実に献身的に甲斐甲斐しくあの部長に尽くしているじゃないか。」
 「だから?」
 「おいおい、流石にここまで言って伝わらないなんて本当に莫迦にできない莫迦なんだな君は。あれが理想的な助手の姿なんだから君が僕の身の回りを世話してくれれば
―――いったぁー!何するんだ!?僕の偉大な頭脳にデコピンなんてなんてひどいことをするんだ!?」
 「自分で片付けろ!……嫁の貰い手もないぞそんなことでは。」
 「え?ずっと君が面倒見てくれるんだろう?」

 その一言に、柄にもなく狼狽しそうになる自分を抑える。忍者は精神も鍛えてあるのだ。というか意味をもう少し考えて喋らないのかこの女は。

 「全く……。」
 「あ、片付けてくれるのかい?」
 「どうせなんだかんだ言い訳してお前はやらないのだろうが。」
 「あはは!うん、君は莫迦だけど少しは分かってきたじゃないか!……学習はしないようだけどね。」

 後半は彼には聞こえないように、つぶやくオーギュス。
 ペロリと舌を出してニヤつく彼女の表情に、奇傑ゾロは気づくことはなかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒカワ・カイト

Author:ヒカワ・カイト
なんでもない日記から漫画や小説の感想を載せています。
時たま二次制作も書いたりもしていますw( ̄▽ ̄)

無料カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
.
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。